top of page

阿見アスリートクラブを夢が大きく膨らむクラブにしていく為には

阿見アスリートクラブを夢が大きく膨らむクラブにしていく為には

より支援の輪を広げ 財政基盤の強化をしていかなくてはいけない。


私が24年かかけて、0からスタートして作り上げてきた収入源は以下の様な感じです。


⑴定期練習会 イベント 教室 合宿 委託事業 SHARKS事業と労力をかけて作り上げていく仕事

ここでの収入源は指導料、参加料が中心である。


⑵そこから生まれてくる日々の活動実績と競技実績の付加価値

ここでの収入源はスポンサー協賛、クラウドファンディング、宣伝広告、物販になります。


⑶この組織を将来残して行こう。きっと役に立つから!

賛助会員になります。今そこを大きくしていきたいと考えています。


事業を作り、その価値に対しての対価を正当に頂いていく。

そんな事業作りが上手く回転してここまで来ました。ある程度は回るようになりました。


資金調達のミカタから

会社の4大経営資源「ヒト・モノ・カネ・情報」

ヒト:創業メンバー等の仲間

モノ:事業する上で必要なオフィスや販売する商品等

カネ:事業を運営する上で必要となるお金

情報:顧客データや人脈、ネットワーク等


阿見アスリートクラブ100年以上続く陸上クラブにするためには

ヒト 職員 スタッフ 

モノ これまで作り上げてきた事業と価値と人

カネ 事業を回していけるお金

情報 クラブのモノを更に沢山の人に理解してもらう。


こう考えると、いよいよクラブも私の考えも

クラブをいかに次の世代へ引き継ぎ、更に大きくしながら継続していくか?

その為には、沢山の人に応援、支援を頂ける仕組みを作り上げる事ことが大切になってきますね。


この支援を頂ける仕組みづくりという仕事は、きっと私が残せる阿見アスリートクラブの最後の仕事になるのでしょうね。




頑張らないといけないな!

あと10年は・・・・・

1999年に考えて私の30年構想、その24年目を走っています。

それが終わって、後5年は頑張れないといけないのですね。

ンん、大変かもしれませんが、望むところでもありますかね。


ファイトで行こう‼


NPO法人阿見アスリートクラブ理事長 楠康夫



閲覧数:74回0件のコメント

Comments


bottom of page